お電話でお問合せはこちら
03-5283-6531

SPF通信メルマガ

CSR、環境経営に係わる環境コミュニケーション・環境教育について、
その手法やその業界別傾向、求められる要素等を当社の独自の調査と視点で毎月お届けするメルマガです。


SPF通信-Vol.220- 2024.3.29配信  ★エス.ピー.ファームにつながる皆さまにBCCでお送りしています。   また、2024年2月に弊社スタッフと新たにお名刺交換をさせていただいた方にも   僭越ながら本号のみ配信させていただいております。    今月のSPF通信担当の佐藤です。   桜の開花が全国的に遅くなっておりますが、上を見ながら「まだかなー」と  近所を散歩するこの頃です。  ふと足元を見るとオオイヌノフグリ、レンゲソウ、シロツメクサといった  春の野の花がちらほら咲いているのに気づきました。  私の今年の春は足元から来たようです。 -------------------------------------------------------------- 目次 1.SPFのノート   ・SFの思考 2.ブログ「寄り合いひろば」   ・特別な森林経営プランナー研修に参加して --------------------------------------------------------------    環境や森林・林業分野に関わる事業の取り組みを通じて、収集した情報やノウハウ(経験・体験)  などを皆さまにお届けしています。 ---------------------------------------------  今月のノート SFの思考 ファミレスなどに行くと最近は「ロボット」が料理を厨房から運んで 来てくれ、そのロボットの表情(頭部についている画面)はニッコリ と微笑みかけて、適度なタイミングで挨拶までしてくれます。 また、コンビニやスーパーなどではセルフレジの台数も日に日に増え、 まったく人がいなくても買い物ができるお店も珍しくなくなってきま した。 人手不足の煽りもありますが、かつて小説や映画、アニメなどこれま で人が頭の中で創造してきた「未来」が少しずつ具現化してきている ことを日々実感し、慣れることに精一杯な筆者です(汗 -- さて、先月、都内で不定期に開催されている「林業の未来を考える研 究会」に、研修等でお世話になっている山梨県のある林業経営体の方 が講演されたので行ってきました。 講演のテーマは「SF林業」 講演の内容はいわゆる「スマート林業」や「林業のICT」の実際に 取り組まれている事例や研究・検証段階への協力などのお話ですが、 ワクワクしながら聞かせていただき、まさに「SF」といった「未来の 林業のはじまり」を目の当たりにした感覚でした。お話の最後に 「スマート技術やICTはあくまで手法や手段。「現場至上主義」の 林業は「否定」からはじまります。そこをどう理解してもらい、 取り入れ実現していくかが一番の課題。。。」 と自身のこれまで(今でも続く)苦悩や林業全体の発展を願う思いを 赤裸々に話してくれました。 「SF林業」という言葉には、単に「テクノロジー(先端技術)」や 「オートメーション(省力化)」といったハード面の素晴らしさだけ ではなく、「それを現場で具現化させる(取り入れる)ための「人」 の柔軟な発想力・創造力・対応(適応)力の重要性」を伝えたいとい う講師のメッセージが込められていたように感じました。 -- 私たちも研修では研修生に「こんな技術や手法がありますが、どう でしょうか?」と問いかけることが多々ありますし、自身で考える時 間や一緒に参加した方と対話する時間を可能な限り取るようにしてい ます。 研修会はあくまで「現場(今見える現実)」ではありません。研修生 の中には「否定」からはじまり、「否定」で終わる方も少なくないで す。(こちらの提案の良し悪しは別として) しかし「現場」を離れたからこそ、見えてくるものもあります。新た な「人」や「価値観」、「知らなかった世界」との出会い、時には感 情を動かす何か。 スターウォーズやスタートレックのようなSFの世界を見てワクワクす るのは、「現実じゃあり得ない」と思っている一方「もしかしたら現 実になるんじゃないか」という期待があるからではないでしょうか? 林業界は全体の採算性が低いと言われ続けて、新しいことにチャレンジ できずに否定せざるを得ない側面も確かにあると思います。それを産業 のせいにするのか、環境のせいにするのか、自分のせいにするのか。。。 そんな時は「現場(現実)」から少し距離を置き「未知の可能性(SF)」 に思いを巡らす。そんな時間も必要なのではないでしょうか? _______ ご依頼・ご相談は、お気軽にお問い合わせください! ・研修等の講師を依頼したい! (対象者に合わせた講義を承っております。コミュニケーション/コーチング/ ファシリテーション/新人育成/指導者育成/経営者育成など) ・研修を実施したいのでサポートしてほしい。 (研修の企画から・プログラム設計・事務・運営業務までフルサポート! オンライン運営もOKです!) 詳細はこちら ・自社の国産材(間伐材)商品を広めたい! (イベント・ワークショップ等の企画・設計・運営/自社製品の販売促進など) 詳細は こちら ・環境広報ツールを作成したい方! (ポスター/フライヤー/パンフレット/冊子/WEBサイトなどの他、映像撮影/ 動画制作なども承っております。) 詳細はこちら


このページのトップへ SPF通信のページへ戻る